· 

生徒さん、どうしているかな。。。

Y君の楽譜

昨日、近所の方が、お野菜をもってきてくださいました。

その方のお子さんは高校生まで9年間、ピアノのレッスンに通ってくださいました。

高校卒業後に大学進学し、今は首都圏での生活です。

コロナ禍、やはり、授業はオンラインが多く、また、就職活動の時期とも重なり、親御さんは心配なご様子でした。

 

今年、東京の大学に進学した生徒さんY君もいましたが、入学して1年目がこんな状況で、「どうしているかな?」と、時々思います。

Y君は、高校生になってからピアノを習いにきました。

保育科進学希望などでなく、趣味で男の子で高校生からというのは、初めてでした。

レッスンしたのは、東京に行くまでの2年少々です。

他の楽器の経験もなく、音符も全く読めないところからのスタートでしたが、レッスンでの私からの提案を素直に受け入れてくれて、どんどん力をつけていきました。

数カ月後開催された大人の発表会にも参加し、「ルパン三世のテーマ」を弾きました!翌年の発表会では米津さんの「打上花火」です。本当に短い期間にがんばりました!

ピアノは一生懸命練習しているけれど、そのくらい勉強もしてくれたら、、、」とお母さま。。。(笑)

「東京に行っても、ピアノのレッスン続けます!」と言っていました。

ピアノが好きになってくれて、私も本当に嬉しかったです。

「東京の生活、楽しくなりそうでいいね~!」と私が言ったら、「ん~でも、緑がない、、」と。。。そんな素朴なところもある本当にかわいい生徒さんでした。

 

皆さん、この時期を乗り切って、希望が叶いますように。。。