· 

寂しいですが、、、


気持ちを込めて

ピアノをいつまで習い続けるか、、、6年生も終わりに近づくと親御さんに相談されることがよくあります。

 

中学生になるとお子さんたちは、精神的にも大人に近づき、理解力もぐんとよくなります。ピアノも「これから!」といういい時期です。基礎力もつき、色々な曲にチャレンジできるようになります。やめるのはいつでもできますから、6年生で終わらず、しばらくゆったりペースでいいので続けてみることをおすすめしています。

 

ですが、部活、塾など忙しくなる時期でもあり、両立は不安と考える生徒さんもいらっしゃいます。それで、発表会が終わるとそろそろ、、、となることも。。。

 

今回、6年生の生徒さんがレッスンを終えることになりました。年中さんから7年間、レッスンに通ってくださいました。これからの成長も楽しみにしていたので、退会はとても寂しく、残念でした。でも、ご家庭のご都合がおありでしたので、お引き止めはできませんでした。きっとこれからも、お家でピアノを楽しんで弾いてくれる事と思います。

 

また、中3の生徒さんは受験のため、一度休会にしたり、退会したりします。 ですが、一度退会しても、卒業式の伴奏者なったり、高校生になってから伴奏を頼まれて、再びレッスンに来てくださることもあります。そういう時は成長した姿が見られて、本当に嬉しいです!